CoinCast

仮想通貨の"今"を知るならコインキャスト

  • BTC410,594.482.48%
  • XRP36.272.33%
  • ETH13,713.533.34%
  • BCH14,272.431.92%
  • EOS272.091.31%
  • LTC3,603.565.31%
  • XEM6.351.97%
  • ETC491.513.19%
  • LSK140.143.18%
  • 24h変動率 | Source:coinmarketcap.com

    PRESS

    マイクロソフト:BCHのブロック容量拡張の様な方法は取引増加に対応不可

        

    マイクロソフトが提唱するスケーラビリティ問題の解決策 スケーラビリティ問題に対して、BCHのブロック容量などのオンチェーンでの拡張は、今後の...

     トップに戻る    続きを読む

     PRESS
     , , ,

    関連記事

    Coinbase、機関投資家向けプラットフォームでERC-20をさらに追加

    Coinbaseは機関投資家向けプラットフォームであるCoinbase Proは、ERC-20トークンであるCivic(CVC)、District0x(DNT)、LOM(Loom Network)、およびDecentra […]

    POS(プルーフ・オブ・ステーク)とは何か|コインの”保有期間””保有量”を加味したCoinAge概念が特徴、電気代抑制に期待

    仮想通貨イーサリアムの次期大型アップデート”セレニティ”で行われるとされているのが、マイニング方法の変更。ビットコインなどもそうですが、多くの仮想通貨はPOW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。これをセレニティではPOS(プルーフ・オブ・ステーク)に変更するとのこと。POSはPOWの問題解決策ですが、これも採用されることが多くなりました。POSはどのような特徴があるのでしょうか。...

    ”ウォール街の老舗”フィデリティ、機関投資家向け仮想通貨サービス開始|仮想通貨のカストディー(資産の管理・保管)サービスを提供

    仮想通貨市場への機関投資家の参入の流れは徐々に大きくなっているのかもしれません。世界最大規模といわれるアメリカの金融サービス企業のフィデリティが、機関投資家向けに仮想通貨サービスを開始します。行う業務は機関投資家の仮想通貨取引のサポートサービス、つまりカストディ業務が主軸だとみられています。約260兆円を運用するウォール街の老舗の参入は、仮想通貨業界の裾野の拡大に貢献することになるのでしょうか。...

    イーサリアム、「Casper」と「Sharding」の同時実装が提案される

    イーサリアムのコア開発者向けミーティングが先週15日に開催され、今後予定されているソフトウェアのアップグレード「Casper」と「Sharding」を同時に実装しようという提案があった。ふたつのアップグレードを同時に行う […]

    ステーブルコイン(円ペッグ通貨)をGMOインターネットが2019年度にも発行予定

    GMOインターネット株式会社が、2019年度を目処に円ペッグ通貨「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」を発行開始予定であると発表しました。 [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] GMOが日本円と連動する仮想通貨の発行を計画中! GMOもステーブルコイン発行。GMO issues JPY pegged stable coin.「GMO Japanese YEN(Ticker:GJY)」 https://...

    Crypto Currency Price24H % Change
    Bitcoin (BTC) 410,594.482.48%
    XRP (XRP) 36.272.33%
    Ethereum (ETH) 13,713.533.34%
    Bitcoin Cash (BCH) 14,272.431.92%
    Litecoin (LTC) 3,603.565.31%
    Cardano (ADA) 5.064.32%
    NEM (XEM) 6.351.97%
    Lisk (LSK) 140.143.18%
    24h変動率 | Source:coinmarketcap.com
    コインキャストに登録して頂ける仮想通貨に関する情報を発信中のサイト様やブログ様を募集しています。RSSで記事を配信している事が条件です。詳しくは「お問い合わせ」ください!